道徳 4~6年生編」授業の腕が上がる新法則


「道徳 4
〜6年生編授業の腕が上がる新法則
(授業の腕が上がる新法則シリーズ)


監修:谷 和樹
編集:河田孝文・堀田和秀

A5判並製・160ページ
定価:1700円+税
ISBN-13:978-4909783394

発売月:2020年5月

 

■全国の書店・ネット書店でご購入いただけます。

Amazon

e-hon 全国書店ネットワーク

紀伊國屋書店ウェブストア

honto honto

HonyaClub Honya Club

新教科書による「新しい学び」時代の幕開けを迎えるのにふさわしい新しい授業スタイルを「全ページ見える化」誌面で発信する画期的な教育書シリーズ。
見た瞬間に学習の流れが脳に焼き付く、単元全体が見開き2ページでビジュアル的に構成されているので全体像を俯瞰でき、図鑑を眺めるような感覚で教材研究をすることが可能。
短い時間で質の高い教材研究を実現。教科別全13巻。


■著者紹介

谷 和樹 (タニ カズキ) (監修)
玉川大学教職大学院教授。
北海道札幌市生まれ。神戸大学教育学部初等教育学科卒業。兵庫県小学校にて22年間勤務。その間、兵庫教育大学修士課程学校教育研究科にて教科領域教育を専攻。教育技術法則化運動に参加。
TOSSの関西中央事務局を経て、現職。 国語、社会科をはじめ各科目全般における生徒指導の手本として、教師の授業力育成に力を注いでいる。
『子どもを社会科好きにする授業』『みるみる子どもが変化する「プロ教師が使いこなす指導技術」』(ともに学芸みらい社)など、著書多数。


■目次

第Ⅰ章 この題材に“このネタ”プラス/全社関連題材一覧

1 「東京書籍」教材の利活用 〔4〜6年〕

2 「日本文教出版」教材の利活用 〔4〜6年〕

3 「光村図書」教材の利活用 〔4〜6年〕

4 「学校図書」教材の利活用 〔4〜6年〕

5 「学研教育みらい」教材の利活用 〔4〜6年〕

6 「教育出版」教材の利活用 〔4〜6年〕

7 「光文書院」教材の利活用 〔4〜6年〕

8 「廣済堂あかつき」教材の利活用 〔4〜6年〕

 

第Ⅱ章 新教科書を利活用した、楽しい道徳授業

1 「自分自身」を磨く道徳授業
(1) 善悪の判断、自立、自由と責任 〔4年〕
「ドッジボール」(東京書籍)
(2) 正直、誠実 〔6年〕
「手品師」(東京書籍)
(3) 節度、節制 〔5年〕
「お母さん、お願いね」(東京書籍)
(4) 個性の伸長 〔4年〕
「うめのき村の四人兄弟」(東京書籍)
(5) 希望と勇気、努力と強い意志 〔5年〕
「世界最強の車いすテニスプレーヤー」(光村図書)
(6) 真理の追究〔6年〕
「まんがに命を」(東京書籍)

2 「人との関わり方」を学ぶ道徳授業
(1) 親切、思いやり 〔5年〕
「くずれ落ちただんボール箱」(東京書籍)
(2) 感謝 〔6年〕
「土石流の中で救われた命」(東京書籍)
(3) 礼儀 〔4年〕
「『ありがとう』の言葉」(東京書籍)
(4) 友情、信頼 〔5年〕
「心のレシーブ」(東京書籍)
(5) 相互理解、寛容 〔6年〕
「ブランコ乗りとピエロ」(光村図書)

3 「集団や社会との関わり方」を学ぶ道徳授業
(1) 規則の尊重 〔6年〕
「クラスのきまり」(日本文教出版)
(2) 公正、公平、社会正義 〔4年〕
「わたしにはゆめがある」(廣済堂あかつき)
(3) 勤労、公共の精神 〔5年〕
「父の仕事」(廣済堂あかつき)
(4) 家族愛、家庭生活の充実 〔6年〕
「ぼくの名前呼んで」(光村図書)
(5) よりよい学校生活、集団生活の充実 〔4年〕
「交かんメール」(日本文教出版)
(6) 伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度 〔5年〕
「美しい夢―ゆめぴりかー」(日本文教出版)
(7) 国際理解・国際親善 〔6年〕
「ペルーは泣いている」(学校図書)

4 「生命や自然」について学ぶ道徳授業
(1) 生命の尊さ 〔6年〕
「命を見つめて」(学研教育みらい)
(2) 自然愛護 〔4年〕
「ごめんね、オオキンケイギク」(廣済堂あかつき)
(3) 感動、畏敬の念 〔5年〕
「アルソミトラの空」(学研教育みらい)
(4) よりよく生きる喜び 〔6年〕
「青の洞門」(日本文教出版)

 

第Ⅲ章 6つの授業の型で、高学年道徳の教科書を攻略する!

1 「安定型」道徳授業の基礎基本 〔4年〕
「お母さんのせい求書」(学研教育みらい)

2 「議論型」道徳授業の基礎基本 〔6年〕
「最後のおくり物」(日本文教出版)

3 「感動型」道徳授業の基礎基本 〔4年〕
「ゆめに向かって」(文溪堂)

4 「活動型」道徳授業の基礎基本 〔4年〕
「せきが空いているのに」(光文書院)

5 「自我関与型」道徳授業の基礎基本 〔4年〕
「ぼくはMVP」(光文書院)

6 「批判型」道徳授業の基礎基本 〔4年〕
「雨のバス停留所で」(光文書院)

 

第Ⅳ章  あなたならどうする?

「自分のこと」として考えさせる道徳授業づくり

1 「いじめ」を道徳でこう授業する
(1)「いじめ」に歯止めをかける授業
(2)「いじめを許さないこと」を実感させる授業
(3)「傍観者」をなくす授業
(4)「いじめに負けない子」を育てる授業〔6年〕
「泣き虫」(光村図書)
(5) 「いじめられっ子を助けるスキル」を身につける授業 〔5年〕
「転校生がやってきた」(東京書籍)

2 「情報モラル」を道徳でこう授業する
(1) 4年生の授業
インターネットの使い方を考える授業
(2) 5年生の授業
LINE トラブルを避けるための授業
(3) 6年生の授業
ネットトラブルから身を守る授業

3 「キャリア教育」を道徳でこう授業する
(1) 4年生の授業
「夢を叶えた少年」
(2) 5年生の授業
「働く人の思い」
(3) 6年生の授業
「三人の夢」

 

第Ⅴ章 TOSS 道徳の「生き方5原則」を授業で提案する

1 「相手のことを心から考えよう」の授業 〔高学年〕
友だちとの付き合い方を考える

2 「傍観者教育」の授業 〔中・高学年〕
「弱い者をかばおう」の授業の展開

3 「世のため人のためになることをしよう」の授業 〔6年〕
台湾の発展に尽くした八田與一

4 「まず自分にできることをしよう」の授業 〔高学年〕
ボランティアに関する「知識・技能」

5 「偉人型」の授業 〔高学年〕
「先人に学ぶ」授業の展開