句集 実千両(阿吽叢書 第55篇)

著者: 大原芳村

 

四六判:223ページ
定価:2500円+税
ISBN-13:978-4905374114
発行日:2012/09

■全国の書店・ネット書店でご購入いただけます。
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク


「文(句)は人なり」の信念を持っているが、芳村俳句の本質を貫通するものは、ひたすら努力し、誠意を以て事に当たる、氏の篤実な人間性であろう。(恩師、松木津木雄の序より)
石田波郷の教え、肥田埜勝美の指導を守り、精進を怠らない大原芳村。障がいをもつ子が育っていくのを見守る父親の暖かいまなざしの俳句に始まり、職場での様々な哀歓を詠んだ句、長年連れ添ってきている愛しい妻を詠んだ句、農家の出らしい稲作を手伝いしている句、少林寺拳法5段の腕前もその俳句作りに生かされていて明快にひびいてきます。