学芸みらい教育新書10

小学三年学級経営 

新卒どん尻教師はガキ大将

 著者:向山洋一

新書判  : 210ページ
定価:1000円+税
ISBN-13 :978-4908637025
発行日: 2016/01 

■全国の書店・ネット書店でご購入いただけます。
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク


本書は、私の新卒時代の一年間の実践のみで構成した。
いわば「駆け出し時代の向山実践」だが、それだからこそ意味もあると思う。
本書を書いていて自分でも驚いたのは、新卒の時にすでに教育研究の新しい方向を
模索していたということである。
自分の頭で考え、実践の中から論理をつかんでいこうとしたのである。
大学をどん尻で出たことの最大の収穫がこれであった。 (「まえがき」より)

 


■著者紹介
向山洋一(むこうやま よういち)
東京都生まれ。
68年東京学芸大学卒業後、東京都大田区立小学校の教師となり、2000年3月に退職。
全国の優れた教育技術を集め、教師の共有財産にする「教育技術 法則化運動」
TOSS(トス:Teachers’ Organization of Skill Sharingの略) を始め、
現在もその代表を務め、日本の教育界に多大な影響を与えている。
日本教育技術学会会長。


■目次
まえがき
第1章 教師生活の第一歩
第2章 仕事にとりかかる
第3章 新卒日記を書く
第4章 書かせて育てる
第5章 通知表に悩む
第6章 研究会に提案をする
第7章 京浜教育サークルを発足させる
第8章 校長の朝会の話にガクゼンとなる
第9章 教師への軌跡
解説