意志あるところに道は開ける
信州の田舎企業を世界企業へと導いた生き方とものの考え方 (信州倶楽部叢書)

著者:安川英昭

四六判上製:148ページ
定価:1500円+税
ISBN-13:978-4905374459
発行日:2015/02

■全国の書店・ネット書店でご購入いただけます。
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク


エプソン〝中興の祖〟が贈る未来の日本と若者への熱い熱いメッセージ

信州諏訪湖のほとりの田舎企業に過ぎなかった時計会社を、世界優良企業にまで導いた、その人生哲学と生きざま。


■著者紹介
安川/英昭
1931年に東京神田で生まれ、小樽に移る。
1955年東大工学部精密工学科卒業後、1955年「第二精工舎」に入社。
その後「第二精工舎諏訪工場」に移る。1959年「諏訪精工舎」に転籍。一貫して技術畑を歩む。
世界的傑作の自動巻き腕時計「ジャイロマーベル」、
世界初のクオーツ腕時計「セイコークオーツ・アストロン」などをつぎつぎに世に出していく。
1985年「セイコーエプソン」に改称後、1991年社長に就任、2001年会長。また1998年長野県経営者協会会長に就任


■目次
第1章
ものづくりと企業経営―トップは夢を語れ、ものづくりは情熱を取り戻せ
(わたしのものづくり哲学「信頼経営」とは何か“初心”について)

第2章
IT社会を生きる若者たちへ―「出前授業」から見えてきたもの
(学校教育の問題点IT社会を生きる若者たちへ)

第3章
わたしの歩んできた道―父の後ろ姿を見て育った
(父との思い出技術者への道)

第4章
第二のふるさと・信州―企業が元気になれば、地域も元気になる
(信州にやってきて公職に就いて)